So-net無料ブログ作成

絵画音痴の絵画話 [閑話]

先日マウリッツハイス美術館展を見に行った時に、ブリューゲルの絵に出合った。
それは、第5章「静物画」 34番 ヤン・ブリューゲル(父)作
<万暦染付の花瓶に生けた花>:1610-1615頃制作 という作品だった。(画像URLは以下)
http://blog-imgs-55.fc2.com/b/l/e/bleuvertantique/20120712114533b60.jpg
バラとチューリップを中心に、水仙に蝶がとまり、テーブルにてんとう虫が居る。

何が、絵画音痴かというと、その絵の説明書きの解釈力だ。説明には
「著名なピーテル・ブリューゲル(父)の息子であるアントワープの画家
 ヤン・ブリューゲル(父)・・・・・云々」とあった。
私の近くで見物していた二人ずれの女性の一人が、盛んに「この記述はおかしい!」と
不服そうだった。普通は見過ごしてしまう問題だ。なかなか日本語堪能な女性である。
ネイティブな日本人だろう。ただこの文章の解釈は、絵画音痴でも正しく解釈できる。

「(父)の息子=(父)」という論理は、成立たない。
しかし説明書の記述は、「某A(父)の息子=某B(父)」だから、成立つ条件はある。
それは、某Aにも、某Bにも、同姓同名の子どもが居る場合である。此処での
“(父)”、“(子)”という記述の意味は、同姓同名の父子の区別だった。
その場合「某A(父)の息子=某A(子)」、「某B(父)の息子=某B(子)」は成立つが、
「某A(父)の息子=某B(子)」は、間違いという事になる(某B(子)は孫になる)。

不服申し立ての女性は、「某A(父)の息子=某B(子)」と訂正すべきだと言っていた。
彼女は、“(父)”、“(子)”という記述の意味を、一般的な父子関係の説明と解釈
したのであり、その限りにおいては決して間違ってはいなかった。
しかし絵画通の人々からすると、常識もない絵画音痴と思われるのではないか?

その場に居た私は、何とか、簡潔に説明できないか?と思ったが、
絵画音痴で知らぬ事の多い私としては、下手に恥を掻かない方が良いと判断して
口を噤んでしまった。その時の絵画知識抜きで説明する宿題を、このブログで果たした。

現在の歌舞伎や落語の襲名披露でもわかるが昔の人は、同姓同名の親子が多かった。
オランダ等ではピーテルは聖ペトロ、ヤンは聖ヨハネを意味する。特に著名な聖人に
あやかりたい人々の願いが、多くの同姓同名を生むというわけである。如何なものか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。