So-net無料ブログ作成

京都散歩'11.09最終 [歴史]

DSC08849応仁.JPG先日の京都散歩で、御霊(みたま)神社(上京区)にお参りした。主祭神は崇道天皇(早良親王)である。その神社鳥居の横に、「応仁の乱勃発地」の石碑(写真)があった。昔の境内は御霊の森と呼ばれる広大な境内があり、文正二年(1467)、室町幕府管領・畠山政長ら(東軍)が陣を敷いて、山名方(西軍)と一戦を交えたのが応仁の乱の始まりらしい。戦いは年号が応仁に切替る3月以前の正月だったので由緒書には文正二年とある。室町幕府の跡目争いなどの内紛が、この戦い以降、全国規模の内乱に発展したのである。

主祭神の崇道天皇に関しては、ブログ「閑話2010.10.08」でも取上げたがこの時、参拝したのは、左京区・高野の崇道神社だった。早良親王(750?-785)は、桓武天皇と同腹の皇子であるにも拘らず、藤原種継暗殺事件(延暦4年<785>)の嫌疑をかけられ憤死した。早良親王の怨霊は凄まじく、桓武天皇の妃ら数人の病死や疫病の流行、洪水等が相次ぎ、延暦19年(800年)、崇道天皇と追称された。御霊神社は、平安京遷都の延暦13年(794)に桓武天皇の勅願で創祀された。ちなみに左京区・高野の崇道神社は創祀年代は不明。貞観年間(859-877)ではないか?と神社の栞には書いていた。他にも早良親王の怨霊を鎮める神社が奈良等にあるらしい。

藤原種継暗殺事件を細かく見ると、桓武天皇は、781年に光仁天皇から代替わりして、三年後、暗殺事件の前年(784)に、平城京から長岡京に遷都している。藤原種継は造長岡宮使だった。そのためか否か?延暦13年(794)、たった10年で平安京遷都を敢行している。当初の平安京の設計図は、実際にできた平安京よりもズッと遠大な計画であったという。10年で遷都を繰返したにしては、平安京の計画が立派過ぎないか?長岡京遷都には、東大寺や大安寺などの南都(平城京)寺院の影響力排除の狙いがあったというが、二段構えの遷都計画で、南都寺院の影響力排除を図ったとすれば、桓武天皇はしたたかなお人だった?早良親王も、東大寺の開山・良弁の信任が厚く、なかなかの人物らしかったから、「両雄並び立たず」ということか!
201109081530伏見桃山城.JPG
先日の京都散歩の最後は伏見桃山城(写真)。遠い昔、父と一緒に行った記憶がある。当時、再建したばかりだったと思う。伏見城-Wikipediaによると、1964年(昭和39年)に「伏見桃山城キャッスルランド」が伏見城花畑跡に建設され、模擬天守等が鉄筋コンクリート構造で造られた、とあるから、恐らくその頃だろう。驚いたが閉園されていた。近鉄の経営不振でリストラに会ったらしい。お陰で、散歩による静かなアプローチと観覧が出来、良かった。昔も今も、“栄枯盛衰常ならず” 如何なものか
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。