So-net無料ブログ作成

異文化対話のプロトコル [閑話]

以前に中島義道著「<対話>のない社会」(PHP新書)という本を引用した事がある。
この本に私の意図するような“プロトコル”が書いてある訳ではないが、<対話>が成立しない
理由を分析するには好都合な事例が様々、挙げられている。それら<対話>のない事情には
1.自己の意見を表現する文化・習慣がない。
2.「和の精神」を尊重するという文化が、オピニオンリーダ(社会的勝者、優等生)の
  ご意見をありがたく拝聴するよう強制し、議論を封殺する雰囲気がある。
3.街中に人の心を操作しようとする標語が充満していて、不満だが「御尤も」と取り繕う。
4.欧米人の考え方等を考慮せず、日本人的枠の中で、スピーチしてしまう。
5.誰からも批判の出ないような意見しか言わないが、それが不満を招く。
<対話>が成立しない理由を挙げるのが目的ではないから、サンプルはこの程度にしておく。

これらの<対話>のない理由は、発話の問題と見る事ができるが、その背景に、受話の問題が
ある事に気づかねばならない。例えば、「街中に人の心を操作しようとする標語が充満」と
いう例で言えば、標語の解釈を一面的に、「聞き飽きた耳にタコ!」と受け取っていないか?
また聞き手のことを考えているのではなく、自分の立場でしか発話していないのでは?

日本人自体が多様な文化を形成しているにもかかわらず、同じ文化圏であると勝手に解釈し
相手も皆、同じだと思い込みたいのではないか?逆の言い方をすれば多様な文化国家である
と認識することを恐れている?日本人に対話が少ないのは、端的にいえば、多様な生き方や
多様な文化を表面的には容認しながら、深い所で多様性を認めていない? それは兎も角

人の話や、書いたものを解釈するために、白隠禅師の「禅画」が参考になるのではないか?
先日、妙心寺に参詣して、白隠禅師の「禅画」に出会った。そこで、この考えを思いついた。
白隠禅師は禅の妙味を、「禅画」によって伝えようとした。これは高僧が、「禅」を教えると
いうよりも、一般庶民に日常的な狭い了見から、自らを解き放すプロトコルを授けた?
人間は、俗世の様々な利害に束縛されて、如何に近視眼になっているか を諭したのでは?

人間が、多様な文化を形成することは生きると言う事と等しい。ユングの「個性化」という
表現も出来る。しかし高度な文化や高度な個性化には、多様性を理解できるプロトコルを
欠かす事はできない。「禅」の修業は一人悟ることではなく、十方衆生を助ける為という。
高僧の悟りが、一般人を救わずしてどうする。如何なものか
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。