So-net無料ブログ作成

伏見散歩'10.12月 [散歩]

最近は、親族の通院介助や墓参り等と共に、京都・大阪・奈良・神戸など関西・四都の散歩を
楽しむ目的で、だいたい二ヶ月一度程度の割合で出かけることが多い。今回は伏見散歩だった。
伏見といえば京都の南に位置して、大阪、奈良との交通の要衝として栄えた処である。しかし
お稲荷さん、桃山城、そして‘灘’と並ぶ酒造りで有名な処という位しか知らなかったが、
京都駅の?(インフォメーション)の案内のプロの口ぶりからすると、伏見は、京都市の中では別格?
そんな話を聞いて、食わず嫌い(例の龍馬で有名な寺田屋)を返上して、伏見の中心部を探索
することにした。

最初に訪れたのは深草の「石峰寺」。伊藤若冲が下絵を描いて石工に彫らせたという五百羅漢
で有名である。羅漢とは、釈迦の説法を聞き、一般人から施しを受ける価値のある人である。
即ち、釈迦の教えを実践し、世の中を良くする影響力を持っているということであろう。
私は、「京都の寺社 505を歩く」山折哲雄監修・槙野修著でその事を知り、是非行きたいと
思っていた。石峰寺の裏山にひっそりと苔むしている五百羅漢は、まるで釈迦の絵巻物を見る
思いだった。来迎菩薩、出山の釈迦、十八羅漢、説法場、托鉢修行、諸羅漢坐禅屈、涅槃場、
賽の河原などと立札が、五百羅漢の群像グループに割り振られている。
写真は撮影禁止であるが、入山のパンフレットには、4枚の羅漢さんの写真があった。
そこに写っている羅漢石像がどこにあったか、何度も山を巡り、全てを見つけ出した。
そうしている間に、石像の表情が心に沁みてきて、仏の教えの有難さを思った。

◎ 愚鈍なる 我を導く 羅漢かな201012161543市電.jpg

早、紙幅も尽きかけている。伏見の中心街に至る前の深草で、古の少将のごとく
小町への恋路ならぬ、伏見地区中心街の散策路にも届かなくなってしまった。
今日の締括りは伏見中心部の「西岸寺」としよう。寺田屋から歩いて5分程度
油掛通の北側に位置する。商売繁盛、願望成就、家内安全の「油掛地蔵尊」
や芭蕉の句碑で有名だが、今回は竹田街道と油掛通の角に建てられている
「日本における電気鉄道発祥の地」の写真を掲載した。
明治28年に油掛通から京都駅迄、日本初の電気鉄道(後の市電)が営業を開始した。
伏見は重層的歴史を今に感じさせてくれる興味尽きない町である。如何なものか。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。