So-net無料ブログ作成

言語による疎外 [歴史]

幸田露伴が、明治24年(1891)に書き残した“言語”という短い評論の最後の言葉は、
“「言」は「礼」の声なきなり。「礼」は「言」の形あるなり。「言」にして「礼」に違わば
あやういなり。”という言葉で締め括られている。実に簡潔に事の本質を突いた言葉である。
「礼」は「言」によって形は明らかだが、「言」には「礼」から直接、忠告される事はない。
しかし、もしも「言」が、「礼」の声なき声を聴かなければ、社会はあやうい、という忠告の
ように私には読める。この忠告は、益々、現代の日本社会に大きな意味を持つに至っている。

情報化、グローバル化によって、地域共同体が不安定になっている現状で、社会や個人の利益
とは何か?が分かりにくい。様々な利害が絡み合う個人、団体・組織にとって、社会秩序とは
何か?見えにくくなっているからだと思う。例えば、最近、グローバル企業では、“英語”を
社内共通言語にするという流れにあるようだ。グローバル社会で日本人企業が勝ち抜くために
必須の事かも知れないが、それで良いのか?様々な角度からの議論も必要であろう。

言語の元々の起源は、個人の「社会化」、「共同化」にあったという。しかし、言語機能は
「社会化」、「共同化」に止まらず、「個性化」をも育む複雑さを有している。旧約聖書の
皆で力を合せて立派な塔を建設する途中で、神が言語をバラバラにさせたという“バベルの塔”
の物語はそれを象徴的に語っているとも読み解ける。個人や集団が「社会化」、「共同化」を
極めていくと、個人や集団は「個性化」、「自立化」を志向し、高次元の世界へ向かうのだ。

しかし、「個性化」、「自立化」の道は、不安定であるために、折角の志にも拘らず孤立状態
を維持できず、自立性を放棄して不穏な言説に惑わされ、転落するケースも多いのだ。
第2次世界大戦中のファシズムは、このような観点から見るときよく理解できる。
日本の社会は明治維新以降、国や地域共同体の概念を強固なものとして確立した上で、
“科学技術”という近代言語を入手し、「社会化」、「共同化」という道をひた走った。
しかし「社会化」と「個性化」の緊張関係(即ち「礼」)を見失い、「自立」ではなく、
「孤立」という疎外化によって、ファシズムに堕落した。罠にはまってしまったのである。
敗戦後、“自由・民主主義”という現代言語を併せ持ち、「社会化」から「個性化」へと
進んできている。だが今の民主党政権の政治やマスコミの言説を見ると、「社会化」の基盤が
脆弱である。にも拘らず、砂上の楼閣の様な議論が横行し、「個性化」、「自立化」に対する
緊張感がなく、人々は再び「孤立状態」、「疎外化」に堕落する懸念が大きい。如何なものか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。